アパレルで洋服やバッグ,靴の万引き対策には防犯監視カメラ

アパレル関連の小売業ではある対策が重要です。

それは、「万引き対策」です。

残念ながら、中学生や高校生の万引き場所として、スーパーなどが代表的ですが、アパレルなどもあります。

欲しいのは主に洋服や靴、バッグです。

万引き対策で常にお客に付きまとえば、お客は来なくなります

少し洋服を見たりするだけで、変に声をかける店員がいますし、ずっと着いてくる店員もいます。

本人が万引き対策としてやっているわけではないかもしれませんが、万引き対策にはなっています。さすがに目の前で盗むわけにはいきませんしね。

しかし、そうすると、今度は新規のお客様が嫌になって、二度と来なくなります

お客様は「話しかけてほしい」とか思っていませんし、「一緒に選んで欲しい」とか思っていません。

店員が必要なら呼びます。


だから、基本放置 or 何かご質問などあれば、お気軽に呼んでくださいねと言っておくのが正しい売れる接客です。

しかし、そうすると、今度は万引きリスクが高くなります。


そして、一回でも万引きに成功したら、その犯人(犯罪者)は味をしめて再度、あなたの店を訪れます。


店内の天井に鏡を設置しているから大丈夫?

鏡というのは、こちらが鏡越しで見ていなければ、万引き犯からどう見えるかと言えば、、、

今がチャンス

と思うわけです


つまり、鏡を設置したことによって、常に見張っていなければいけません。

万引き犯が複数で来たらどうでしょうか?

一人が店員に話しかけ、もう一人が万引きをすることもできます。


ですから、鏡に頼らないことが大事です。

そこで役に立つのが、監視カメラによる監視と抑止効果です

レジカウンターにモニターを置いて、そのモニターを見ていれば、お客様の動きも分かりますし、キョロキョロと店員を探しているタイミングも分かります。

そして何より、万引きの現場を上から鮮明に見られます。下の動画をご覧ください。簡単に手元の拡大もできます。

このような方法もありますが、一番大事なことは、「この店は万引きできない」と思わせることです。そうすれば万引き犯は他の店にいきます。

ポイントは「監視カメラ作動中」の張り紙だけでは無く、「具体的にどうするのか」も書くことです。

・録画した映像を警察に提出し刑事告発いたします。窃盗罪は10年以下の懲役です

・万引きをしている画像は店内およびHPに貼りだし、広く情報を求めます(まんだらけのやり方を悪い例にして下さい)

・学生の場合は周辺の学校に画像を提出します。

etc


万引きは犯罪です。そして、アパレルの場合は、死活問題で有り、万引きで潰れる店もあります。

金額が大きいので、一つでも万引きされると経営的にも困ります


万引き対策には防犯カメラ(監視カメラ)

小売店にとって、万引き対策はあなたのお店や会社を守るためには、絶対しなければいけない必須の行動です。

昔の防犯カメラは画質が悪いのですが、現在のは違います。

鮮明にうつる防犯カメラを使って、万引き犯をなくしましょう。

こういう小売業が増える程、世の中から万引きが減りますので、弊社としても協力をしたいと思っています。

※複数店舗を経営しているオーナーが各店舗の防犯カメラを見ておくこともできるのがネットワーク監視カメラの良いところです。

詳しくは下の動画をご覧ください

福岡県での防犯カメラ、監視カメラは福岡防犯・監視カメラセンターへお任せ下さい!!

詳しくはこちらの動画をご覧ください。


※再生できない場合は、こちらのYouTubeサイトでご覧ください。
http://youtu.be/u8Rqp_MTUac

無料相談福岡の防犯カメラ専門店へ連絡0120-104-504(てんぽ こおじ)
※受付時間:月~日 8時~20時
お問い合わせの際は「福岡防犯・監視カメラセンターのHPを見て」とお伝えください

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。


»
«

このページの先頭へ