本屋さん(書店)や小売業の万引き対策には防犯監視カメラ

街の小さな本屋さんはドンドン減っていっています。Amazonや楽天ブックスなどネット系書店や、ジュンク堂やTSUTAYAなどの書店にお客さんが流れているのも理由でしょうが、もう一つ理由があります。

それは、「万引き」です。

残念ながら、中学生や高校生の万引き場所として、スーパーなどが代表的ですが、小さな本屋さん(古本屋含む)などもあります。

欲しいのはマンガや雑誌です。

大型書店は万引き対策をしっかりとしている

大型書店だと、お金もあるので、入口に万引き対策の機械が設置されていますが、小さな書店でそこまでしているところは少ないです。

そこで役に立つのが、監視カメラによる抑止効果です


ポイントは「監視カメラ作動中」の張り紙だけでは無く、「具体的にどうするのか」も書くことです。

・録画した映像を警察に提出し刑事告発いたします。窃盗罪は10年以下の懲役です

・万引きをしている画像は店内およびHPに貼りだし、広く情報を求めます(まんだらけのやり方を悪い例にして下さい)

・学生の場合は周辺の学校に画像を提出します。

etc


万引きは犯罪です。そして、書店の場合は、死活問題で有り、万引きで潰れた本屋さんの話も聞きます。


書店は、通常6~7カケで出版社や取次から卸していますので、利益は3割程度です。1冊でも万引きされるとそれを取り戻すためには、後2冊売って、利益無しです。

委託販売であっても、万引きをされたらどうなるかはお分かりでしょう。

万引き対策には防犯カメラ(監視カメラ)

小売店にとって、万引き対策はあなたのお店や会社を守るためには、絶対しなければいけない必須の行動です。

昔の防犯カメラは画質が悪いのですが、現在のは違います。

鮮明にうつる防犯カメラを使って、万引き犯をなくしましょう。

こういう小売業が増える程、世の中から万引きが減りますので、弊社としても協力をしたいと思っています。


福岡県での防犯カメラ、監視カメラは福岡防犯・監視カメラセンターへお任せ下さい!!

詳しくはこちらの動画をご覧ください。


※再生できない場合は、こちらのYouTubeサイトでご覧ください。
http://youtu.be/u8Rqp_MTUac

無料相談福岡の防犯カメラ専門店へ連絡0120-104-504(てんぽ こおじ)
※受付時間:月~日 8時~20時
お問い合わせの際は「福岡防犯・監視カメラセンターのHPを見て」とお伝えください

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。


»
«

このページの先頭へ